第21回日本アメリカンフットボール医・科学研究会プログラムのご案内

第21回日本アメリカンフットボール医・科学研究会

日時:2018年2月18日(日)10:00~16:40

場所:日本大学文理学部百周年記念館

主催:公益社団法人日本アメリカンフットボール協会

協賛:㈱シラックジャパン、日本シグマックス㈱

(全体進行:小林宏司)

開会の辞                                    川原 貴

【午前の部】                             司会:藤谷博人

1、重大事故

「重大事故 ~我が国における近年の動向~」

日本アメリカンフットボール協会安全対策委員長 川原 貴

2、日本協会「安全対策ハンドブック」について

「頭部外傷」         おとわ内科・脳神経外科クリニック 川又達朗

「頸部外傷」        北里研究所病院スポーツ整形外科 月村秦規

「熱中症」  日本アメリカンフットボール協会安全対策委員長 川原 貴

「心停止とAED」  聖マリアンナ医科大学スポーツ医学講座 藤谷博人質疑応答

《休憩》

3、メディカル講座                          司会:月村秦規

A.「膝の外傷:最近の話題」

聖マリアンナ医科大学整形外科学講座  植原健二

B.「足の外傷とその予防」

北里研究所病院整形外科スポーツクリニック 斎藤良彦

《昼食》

【午後の部】                              司会:垣内英樹

4、トピックス

「2016スポーツにおける脳振盪に関する国際会議」

東邦大学医療センター大橋病院脳神経外科  中山晴雄

「米国における防具の最新知識」

ヤマモトスポーツ 山本薫海e.m.,c (AEMA)

5、「体づくり」の基本を考える

「アメリカンフットボール選手のための栄養戦略」

帝京大学スポーツ医科学センター 虎石真弥

「これだけはやっておきたいトレーニング」

日本体育大学アメリカンフットボール部トレーナー 青柳康史

《休憩》

5、リサーチレクチャー                        司会:吉矢晋一

「ニーブレースは効果があるのか?」

聖マリアンナ医科大学スポーツ医学講座 藤谷博人

6、特別講演                 

  1. 「Heads up footballにおけるショルダータックリング」

日本アメリカンフットボール協会 山田晋三

  1. 「Emergency Action Plan 現場における緊急時対応計画」

NPO法人スポーツセーフティージャパン

早稲田大学米式蹴球部フィジカルコーディネーター 一原克裕

7、総合討論

閉会の辞                                          川又達朗