第49回全国高校選手権大会決勝クリスマスボウル佼成学園が3TD差を大逆転 史上4チーム目のクリスマスボウル3連覇を達成

第49回全国高校選手権大会決勝クリスマスボウル

佼成学園が3TD差を大逆転

史上4チーム目のクリスマスボウル3連覇を達成

 

1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治高校 21 3 9 0 33
佼成学園高校 0 14 0 25 39

 

12月24日、ヤンマーフィールド長居で行われた第49回全国高校選手権大会決勝クリスマスボウルは、佼成学園高校(東京1位)と立命館宇治高校(京都府1位)が対戦。第1Qに21点を先行した立命館宇治高を佼成学園が第4Qに25得点を挙げて逆転。39対33でクリスマスボウル3連覇を達成した。

 

立命館宇治高はアンバランス体型からのプレーやQB庭山大空(2年)のランで第1Qに3TDを先取。佼成学園高は前半最初の攻撃機会にインターセプトを奪われるなど第1Qを無得点に抑えられたが、第2QにはRB土屋天世(2年)のラン、QB山﨑誠太郎(3年)のパスを足がかりにRB森川竜偉(3年)の1ヤードTDラン、TE北川大智(1年)への4ヤードTDパスで追い上げ、14対24と10点差に迫って前半を折り返した。

 

第3Q最初の攻撃でパントに追い込まれた佼成学園は、立命館宇治高DL寺阪侑斗(3年)にパントブロックを喫して、敵陣7ヤードからの攻撃機会を献上。立命館宇治高はこの好機をRB横川豪士(3年)の5ヤードTDラン(TFPキック失敗)につなげ、第3Q11分8秒にはK伊藤龍馬(1年)の24ヤードFGで加点。再び3ポゼッション差をつけられた。

 

しかし、第4Qに佼成学園が猛反撃。第4Q最初の攻撃機会に、相手のパントの処理ミスによって継続したドライブをWR高野一馬(3年)の7ヤードTDラン(TFP失敗)。第4Q5分48秒にRB森川の7ヤードTDラン(TFPパス失敗)で7点差に迫ると、次の守備機会には立命館宇治高パスプレーをDL今熊力丸(2年)がQBサック&ファンブルフォースして主将LB寺田暉(3年)がリカバー。この攻撃機会をRB森川の8ヤードTDランに繋げて33対33の同点に追いついた。

 

さらに直後の守備でRBを兼務するLB森川が立命館宇治高からファンブルフォース。こぼれたボールをDB野村馨(3年)が拾い上げてエンドゾーンに駆け込んでTD。試合時間残り3分26分秒で逆転に成功した。

 

そして、玉後の守備は再逆転を試みる立命館宇治高の攻撃をDLヘゲドゥシュ榎本是江之(3年)がQBサックに仕留めて決着した。佼成学園の三連覇は、関西学院高等部、大阪産業大学附属高校、早稲田大学高等学院に続き史上4校目。

最優秀バックス賞・三隅杯は3TDを挙げた佼成学園高RB森川、最優秀ラインマン賞・安藤杯は佼成学園高DL今熊、敢闘賞は立命館宇治高QB庭山がそれぞれ受賞した。