インターナショナルボウル現地レポート Day1

Day1

成田国際空港で関西勢と関東勢が無事に合流し、お互いぎこちなさを残しながら先発組が出発しました。

ダラスフォートワース国際空港に到着。寒波の影響で少し今朝は冷え込んでいましたが、東京とあまり変わらない最高気温9°でした。

チェックイン後OBUのアメリカ人コーチと合流し、ミーティングを行い、特にQBとWRのパスユニットは外人コーチと積極的にコミュニケーションを取り、細かなところまで、意思の疎通をはかった。

フィールド移動後は、長旅で固まった体をほぐすようにしっかりと動いてからチーム練習を行った。

ミーティングでの内容を再確認しながら、コーチからの指示を受け、片言の英語で一所懸命話しかけ、疑問点の解消に努めていた。

ミーティングでの確認内容を円滑に遂行し、外国人コーチからチームの仕上がりが、初日とは思えないレベルだと評価をいただいた。

日本人の細やかで繊細な一面を垣間見た初日となりました。

 

夕食後に予定されていたチームミーティングは、時差ボケ解消のため中止となったものの、選手間でのポジションミーティングを行い。今夜は早めの消灯で明日の本格的な練習に備えて休むことになりました。

明日は6時00分起床後朝食をとり、10時00分からの練習では、NYB出場選手と合流しU-18日本高校選抜40名が揃うことになります。

 

岩井 悠二朗(日大豊山高校)