日本代表対ドイツ代表の強化試合が決定 2010 年4 月ドイツ・デュッセルドルフ市にて

2010 年4 月24 日(土)、日本代表チームは、ドイツ・デュッセルドルフへ遠征し、ドイツ代表チームと強化試
合を行います。この試合は、2011 年に予定されている、第4 回IFAF ワールドチャンピオンシップ(W 杯)へ
向けた、代表チーム強化策の一環です。

今年、設立75 周年を迎えた日本アメリカンフットボール協会(JAFA)は、100 周年に向けて、日本におけるア
メリカンフットボールのさらなる発展のために、「ファイナル・クォーター・プロジェクト」を開始いたしました。その
方針のひとつ「国際化時代にふさわしい競技力向上」のために、日本代表チームの強化活動を、中長期的な
視点で恒常的に行ってまいります。

ドイツは、ヨーロッパにおけるアメリカンフットボール強豪国のひとつであり、2007 年川崎にて行われた第3
回IFAF ワールドチャンピオンシップ(W 杯)においても、銅メダルを獲得しています。また、今夏におこなわれ
た、19 歳以下の第1 回IFAF ジュニアワールドチャンピオンシップにおいて、日本はドイツと対戦し、接戦の
末10-7 で勝つことが出来ましたが、その実力は高く評価されています。

ドイツ西部に位置し、ノルトライン=ヴェストファーレン州の州都であるデュッセルドルフ市は、多くの日本企業
が進出していることでも知られており、100 社以上の日本企業が、ドイツまたはヨーロッパ本社をデュッセルド
ルフ市においています。また、ドイツでは最も古く発足した「デュッセルドルフ・パンサーズ」も、このデュッセル
ドルフ市を拠点にしています。今回の試合が行われるESPRIT ARENA(エスプリ・アリーナ)は、51,500 人
収容の開閉式屋根付き競技場で、現在は主にサッカーやコンサート等で使用されていますが、2007 年まで
存在した、アメリカンフットボールNFL ヨーロッパリーグ「デュッセルドルフ・ラインファイア」のホームフィールド
としても活用されていました。

 

【ドイツアメリカンフットボール協会について】
ドイツには270 のクラブチームが存在し、競技者人口は31,000 人超です。トップリーグとして12 のクラブチ
ームからなるGerman Football League(GFL)があり、German Bowl でチャンピオンシップを争います。

 

【IFAF ワールドチャンピオンシップ(W 杯)について】
第1 回大会は、1999 年イタリア・パレルモにおいて開催。その後、第2 回大会が2003 年ドイツ・フランクフ
ルト、第3 回大会が2007 年日本・川崎市にて開催されました。日本は第1 回大会、第2 回大会と連続優勝
し、第3 回大会では初めて参加したアメリカ代表と優勝を争い、接戦の末タイブレイクで敗れ、惜しくも準優勝
となりました。第4 回大会は2011 年にオーストリアにて開催予定です。

 

【JAFA ファイナル・クォーター・プロジェクトについて】
設立75 周年を迎えた日本アメリカンフットボール協会が、100 周年に向けて開始したプロジェクト。「ユース・
ジュニアフットボールを含めた競技人口の拡大」、「国際化時代にふさわしい競技力の向上」、「今後ますます
国際化する社会において多種多様かつグローバルな人材を輩出すること」、が主たる目標です。