第4回世界選手権が開幕しました



78日(金) オーストリア、インスブルックで第4回世界選手権が

 開幕しました。王者アメリカはオーストラリアを撃破。メキシコは接戦

 を征し、それぞれ初勝利を挙げた。

 

 

 1試合 

  前回覇者アメリカがオーストラリアを迎えた。

 最初はかたさの見られたアメリカチームは、パントブロックでTD

奪うと立て続けにパスとランで得点わ重ね、オーストリアを圧倒>

34-0で前半を終える。

  後半に入ってからもその勢いは衰えず、61-0という大差

 でオーストラリアを下した。

 アメリカ       13-21-13-1461

 オーストラリア    0-0-0-00

 

 2試合

  好ゲームが予想されたこのカード、一進一退を繰り返し、

 前半を10-7メキシコリードで終える。

  後半に入りメキシコがセーフティーを奪い5点差とする。

 しかしドイツは次のシリーズで逆転TD、さらに2ポイント

 コンバージョンを決め12-153点リードで4Qを終了、勝負は

 最終Qに。

  メキシコはFGで15-15の同点に追いつく。そして次のシリーズ

 自陣深くからのドイツの攻撃は1stダウンを一度も奪う事無くパント。

 この攻撃が勝負の分かれ目に。

  メキシコはこのパントリターンでビックゲインを上げ、この

 シリーズで勝ち越しTDを上げ、22-15とする。

  残り2分を切り、自陣から逆転を試みるドイツだったが最後は

 メキシコのインターセプトで力尽きた。

 メキシコ 7-3-2-1022

 ドイツ   0-7-8-0 15

2011wclogo1.jpg