パナソニック電工杯第63回毎日甲子園ボウル報道説明会

 パナソニック電工杯第63回毎日甲子園ボウル報道説明会が12月9日、大阪市内で行われた。報道説明会には、関西学生代表・立命館大学パンサーズの古橋監督をはじめ、立命主将の浅尾らチームメンバー5人も参加。甲子園ボウルに向け、それぞれが抱負を語った。

 関東代表を決めるクラッシュボウルで法政大学トマホークスが勝利、甲子園ボウル出場が決定した。
 これにより甲子園ボウル出場の両チームが出揃った。立命と法政は過去に甲子園ボウルで5回対戦。立命にとっては、6回出場のうち5回対戦し4勝1敗。しかし最後に対戦した第60回大会(2005年)では、法政が17―14で勝利している。

 古橋監督は法政のエースRB原の印象を「カットの切り方が上手。非常に足も速いし、ボディバランスもいい。脅威」と話した。ディフェンス陣に故障者の多い立命。しかし「なんとかコンディションを整えて本番に臨みたい。アドレナリンを出しながら頑張ってほしい」とチームへ期待を込めた。
 また主将としてチームを3年ぶりに甲子園ボウルへ導いた浅尾は、怪我のため試合には出場できないが「みんなが甲子園で最高のゲームが迎えられるように支えたい」と、3年前のリベンジを仲間にたくす。

 また会見後には、関西運動記者クラブの記者投票による関西学生リーグの個人表彰選手も発表された。 
 最優秀選手にはRB松森俊介(立命館)、優秀攻撃選手にWR大園樹(神戸大)、優秀守備選手にDL久司大貴(立命館)、優秀スペシャルチーム選手には、リターナー永川勝也(関西大)が、それぞれ選ばれた。

記事・写真/内藤悠子(UNN関西学生報道連盟)

***************************************************************************
UNN関西学生報道連盟では、パナソニック電工杯毎日甲子園ボウルの試合で号外の即時配布とホームページのリアルタイム速報を行います。当日の号外は試合終了と同時にいち早く競技場周辺で配布します。

UNN関西学生報道連盟公式HP http://www.unn-news.com