新たに12名が殿堂入りします

日本アメリカンフットボールの殿堂
新たに12名が殿堂入りします

日本アメリカンフットボール協会は、第5回殿堂入り顕彰者12名を発表しました。日本アメリカンフットボールの殿堂入りメンバーはこれで48名となり、今回の顕彰者表彰式が、第73回ライスボウルのキックオフ直前に行われることになりました。

日本アメリカンフットボール協会の殿堂は、財団法人キープ協会に施設を委託し、日本アメリカンフットボールの父ポール・ラッシュ博士ゆかりの地の清里高原(山梨県北杜市)に創設されたラッシュ記念館に設けられています。殿堂は1996年に開設され、顕彰者それぞれのレリーフとその業績が讃えられています。

今回の殿堂入り掲額式は、2020年6月に現地で開催される予定です。

第5回日本アメリカンフットボール協会殿堂入り顕彰者

氏名 出身大学 生年 分野 主な所属
中澤 貞夫 立教大学 1930 競技者・指導者 立教大監督
野﨑 和夫 明治大学 1932 指導者 明治大監督
入澤 敏夫 日本体育大学 1932 協会 関東高校連盟
倉智 春吉 関西学院大学 1940 競技者・協会 日本社会人協会
後藤 完夫 慶応義塾大学 1943 報道 タッチダウン社
喜入  博 東京都立大学 1945 審判 関東審判部
板  哲夫 日本大学 1948 競技者 日本大学
廣瀬慶次郎 関西学院大学 1948 競技者・指導者 関学大・関学中
東元 春夫 関西学院大学 1951 審判 関西審判部
川原  貴 東京大学 1951 医療 日本協会医事委員会
松岡 秀樹 日本大学 1961 競技者 日本大学/レナウン
東海 辰弥 京都大学 1964 競技者 京都大学/アサヒビール

顕彰者の功績はこちら