2021年のフラッグフットボール世界選手権は12月イスラエルに変更となりました

 

 3月15日、国際アメリカンフットボール連盟(IFAF)は、2021年のフラッグフットボール世界選手権のホスト国としてイスラエルを選び、2021年12月6~8日の日程で、エルサレムの「クラフト・ファミリー・スポーツ、キャンパス」にて開催されることとなりました。この三日間のトーナメントには、およそ30ヶ国から40以上のチームが参加することが見込まれており、2022年に開催予定のワールドゲームズにおける出場権を争います。

 2年に一度開催される、この選手権は、もともとは2020年にデンマークで開催予定でしたが、新型コロナウィルスの世界的流行により延期されていました。「クラフト・ファミリー・スポーツ・キャンパス」は、2019年にフラッグフットボールの欧州選手権を開催しています。

 IFAFのリチャード・マクリーン会長は、「エルサレムのクラフト・ファミリー・スポーツ・キャンパスは、最近、フラッグフットボールのアイコン的会場となっています。世界中から優れたフラッグフットボール選手が集まり、すばらしいイベントになると信じていますし、ワールドゲームズへの出場権をかけて、またIFAFフラッグフットボール世界選手権チャンピオンを目指して戦うことになります」と述べています。

 この世界選手権の主たるスポンサーは、NFLニューイングランド・ペイトリオッツのオーナーのロバート・クラフト氏で、彼は永年イスラエルでのアメリカンフットボール活動をサポートしてきています。

 クラフト・グループの会長兼CEOでもあるロバート・クラフト氏は「我々はアメリカンフットボールというスポーツを愛しており、このスポーツが、フラッグフットボールのように、形を変えて世界中に広がることを、たいへんうれしく思っています 。クラフト・ファミリー・スポーツ・キャンパスを作った時点では、全てのイスラエル国民にとっての日々の運動施設にとどまらずに、中近東や欧州のフットボールリーグの選手権レベルの大会が開ければ良いなと希望を抱いていました。私が最も情熱を注ぐ二つ、イスラエルとアメリカンフットボールのための施設なのです」と述べています。

 2022年7月に米国アラバマ州バーミンガムで開催予定のワールドゲームズで、フラッグフットボールが初めて招待種目に選ばれたことで、今年のフラッグフットボール世界選手権には、重要な意味が加わっています。ワールドゲームズでのフラッグフットボール種目は男女8チームに限定されており、この世界選手権での最終成績をベースに出場国が決まるからです。なお、ワールドゲームズにフラッグフットボールが招待種目として加わったのには、NFLが大きく関わっています。

 およそ800名の選手、コーチ、審判は、ラマダ・ルネッサンス・ホテルとラマダ・ロイヤル・ホテルを滞在場所とします。イスラエル・フットボール協会の代表であるスティーブ・ライボウイッツが現地組織委員会の会長となり、この大会を迎えるにあたり「新型コロナ感染症によるスポーツへのチャレンジはまだ過ぎ去っていませんが、我々組織委員会は安全でエキサイティングな試合会場を提供できると信じています。イスラエルの首都で世界選手権を開催できることを誇りに思うと同時に、地元の観衆がイスラエルチームをワールドゲームズに出場させてくれることを祈っています」と述べています。

 2018年のフラッグフットボール世界選手権パナマ大会で優勝している米国男女チームが、現在のチャンピオンです。本大会前の予想としては、男子で上位の期待が持てるのは、前回準優勝のオーストリア、欧州王者のデンマーク、メキシコで、イスラエルは五位に位置しています。女子で米国に続くのは、前回準優勝のパナマ、欧州王者のスペイン、オーストリア、カナダと思われます。

大会要項

  1. 大会名:IFAF フラッグフットボール世界選手権
  2. 主 催:世界アメリカンフットボール連盟 (IFAF:International Federation of American Football)
  3. 日 時:2021年12月6日~8日
  4. 場 所:イスラエル国 エルサレム市 クラフト・ファミリー・スポーツ・キャンパス
  5. 参加国:未定

 

IFAFからの公式発表はこちら

〔本件に関するお問い合わせ〕

〒160-0013
東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号
JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 801
公益社団法人 日本アメリカンフットボール協会
事務局 武居 和彦
TEL:03-5843-0482
mai:k-takei@americanfootball.jp