フラッグフットボール2023 女子15U/17U日本選抜候補選出のための練習会について(東日本会場)


 日本アメリカンフットボール協会 フラッグフットボール委員会では、2023年7月のUSA遠征を目指した、育成年代の日本選抜チーム編成活動を今月より継続的に行います。女子の育成年代の活動は、世界選手権を目指して編成される日本女子代表候補群の協力を得ながら、組織的な指導のもとで行われる予定です。
 フラッグフットボールが2028年のロス五輪での公開競技になることを期待し、6年後に日本代表となりうる育成年代の選手について、技術向上や交流の機会を設け、フラッグフットボール競技のさらなる普及と強化・発展に努めます。

 2022年6月に米国ミシガン大学を会場に行われた第1回International Junior Cupでは、試合やセレモニーでの交流を通じて、日本女子育成世代の活動を伝えると共に世界に通用するレベルにあることを示しました。次年度は参加国数をさらに拡大した育成年代の大会開催が見込まれています。

 つきましては、東日本、西日本エリア(関西、九州)を拠点とし、育成年代の選手を集め、合同練習を行いながら選手の選抜を行い、海外遠征の機会に備えるプロジェクトを始動致します。23年4月にかけて継続的に選手募集の告知を致しますが、10月の練習会(東日本)についての締め切りは以下のとおりです。西日本(関西、九州)を含む10月以降につきましては別途告知いたします。

 練習会では、海外遠征に向け基礎技術の確認、システムのインストールなどチームビルディングを行なっていくと共に広く女子育成世代へフラッグフットボール活動の場を提供する事も目的としております。フラッグ未経験者含め多くの方のご参加をお待ちしています。

参加をご希望の選手は、活動趣旨を確認し、ご家庭ともよく相談された上で、下記申込フォームよりお申込み下さい。

▼活動参加基準
(15U:年齢制限 2008年1月1日生まれ〜2009年12月31日生まれ)
(17U:年齢制限 2006年1月1日生まれ〜2007年12月31日生まれ)
※IFAFの現行レギュレーションに則っています。

1.2023年7月のUSA遠征を目指して継続的に活動できる選手であること。
2.ワクチン接種やPCR検査などUSA遠征活動に必要な準備ができること。
3.保護者、所属チームの監督に活動参加への了承を必ず得ていること。

※女子育成世代についてはフラッグフットボール普及を視野に練習会については、2010年3月31日生まれ(早生まれ)まで広く募集する事とします。

▼練習場所・持ち物・申込先
●東日本会場(女子)
 日時:10月30日(日)
 場所:大宮けんぽSフィールド
 時間:9時集合/12時終了(予定)

▼持ち物:
 ・飲料水
 ・ソケット式フラッグ(貸出用フラッグもございます。)
 ・ポケットなしのボトムス(フラッグと別の色であること)
 
※競技特性上、怪我のリスクがあるためポケット有りのボトムスは認められておりません。
 
・金属製でないクリーツ(スパイク)
 ・所属チームの背番号付きユニフォーム(ユニフォームが無い場合はスポーツウェアでの参加も可能とします)
 ※現地での怪我等については応急処置のできるトレーナーが待機しております。


※<申込締め切り:申し込みは締め切りました。

【問い合わせ先】
公益社団法人 日本アメリカンフットボール協会
〒160-0013
東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE801
電話:03-5843-0482 FAX:03-5843-0483
担当:武居 和彦
メールアドレス:k-takei@americanfootball.jp