第63回ライスボウルの記者会見が行われました。

ライスボウルの記者会見が22日、東京ドームホテルであり、学生王者の関西大学カイザースと社会人チャンピオンの鹿島ディアーズが、頂上決戦に向けて抱負を語った。

62シーズンぶりに甲子園ボウルで勝利した関西大学の磯和雅敏監督は「スピード、そしてパワー、2ランクも3ランクも相手が上」と挑戦者の立場を強調した上で、「ここまで予想を覆して勝ってきた。番狂わせを起こしたい」と意気込みをみせた。対する鹿島は、12年ぶりにジャパンエックスボウルを制し、2度目のライスボウルに臨む。森清之ヘッドコーチは「(関西大学は)一体感と勢いがある」と相手を称え、「我々は経験とスキルで一日の長がある。最高のゲームにしたい」と話した。

ライスボウルの詳細については以下、大会オフィシャルホームページをご覧ください。


https://americanfootball.jp/ricebowl/