新型コロナウイルス感染拡大防止対策

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対策について

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の拡大に伴い、スポーツ庁から各種スポーツイベント開催に関する考え方が示されました。
弊協会所属各競技団体においても既に様々な対応をしておりますが、あらためて多数の方が集まるような大会、イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、延期、規模縮小、あるいは中止などの対応の検討を要請しています。

新型コロナウイルス感染症については日々刻々と状況が変化しております。関係省庁より新たな方針が出ましたらすみやかに所属各競技団体と情報を共有し、引き続き安全確保に細心の注意を払ってまいります。

なお、弊協会では現在下記対応を行っております。
平素よりご支援いただいている皆様には多大なるご迷惑とご不便をおかけいたしますが、この度の状況を踏まえ、ご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

・不要不急の会議・打合せ・出張の原則禁止
(2月23日開催、第23回医科学研究会の中止)
(3月15日開催、定例理事会実開催を見送り、文書提案による理事会に)
・3月開催、フラッグフットボール日本選手権中止
・第4回大学世界選手権、3月~6月の日本代表編成活動中止、および代表派遣中止
(6月開催 ハンガリー王国)
・2つの世界選手権延期による、3月~6月の代表編成活動中止
ⅰ)第5回IFAF U-19世界選手権(7月開催 オハイオ州キャントン)
ⅱ)第10回IFAF フラッグフットボール世界選手権(8月 デンマーク王国)

以上

日本アメリカンフットボール協会
会長 国吉 誠