自作FS使用について(改定)6/26

各競技団体各位

2020年6月26日

新型コロナウイルス感染症に対する飛沫防止のための自作フェイスシールド使用について(改訂)

公益社団法人日本アメリカンフットボール協会
安全対策委員会
競技規則委員会

 

 平素より幣協会に対し、ご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。
 先日6月12日(金)に幣協会(JAFA)より「JAFA 活動の再開に向けたガイドライン」を公表いたしました。その後、飛沫防止の観点から自作のフェイスシールドを作成し練習等での使用を検討しているチームがあるとの情報を得ました。
 現在、JAFAとしてはフェイスシールドについて、飛沫防止及び熱中症の観点より、安全性に関する検証を行っております。現在はコンタクト無しでの練習が再開された時期(Phase2,3)だと思います。部分コンタクトが開始されるPhase4までには、この検証結果をもとに各競技団体に向けて指針を公表する予定です。

 自作のフェイスシールドに関しては、公式規則1-4-7-a(不正な装具:プレーヤーが装着している、他のプレーヤーにとって危険となるもの。)に抵触する恐れがございます。
 自作のフェイスシールドの使用に関しては、十分な安全を配慮した上で慎重に行っていただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

〈本件に関するお問い合わせ〉
〒160-0013
東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 801
公益社団法人 日本アメリカンフットボール協会
事務局 武居 和彦
TEL:03-5843-0482
e-mail:k-takei@americanfootball.jp