大会再開に向けたガイドライン

2020年8月31日

各競技団体各位

JAFA大会開催に向けたガイドライン

公益社団法人日本アメリカンフットボール協会
安全対策委員会

1.大会開催判断基準について

⼤会開催を検討する際には、以下の条件がそろっていることを大会開催判断基準として下さい。

  • 政府の⾮常事態宣⾔が解除されており、かつイベント開催の⾃粛要請並びに都道府県をまたぐ移動の⾃粛要請が解除されていること。
  • 政府や⾃治体によるイベント開催の⾃粛要請に、⼤会規模についての基準や分類がある場合は、その基準に照らしあわせて当該試合の⾃粛要請が解除されていること。
  • ⼤会の会場、宿泊施設等が運営されており、移動⼿段を含め、⼤会に必要な環境が確保できること。
  • 参加チームの学校等が活動を再開しており、休校・施設封鎖等の解除、部活動の再開が⾏われていること。
  • 参加チームに⼗分な練習期間が確保されており、選⼿が⾝体的に試合に出る準備ができていること。
  • 選⼿及びチームスタッフ、選⼿会、選⼿の保護者など参加者の同意が得られていること。
  • ⼤会再開のための⼗分な医療体制・施設が整っていること。
  • ⼤会共催者・協賛社等の合意確認がなされていること。

 

2.試合に出場するチームの判断基準について

(1)チーム内にPCR検査陽性者が出た場合
 チーム内に新型コロナウイルスPCR検査陽性者が出た場合、本人は所轄保健所、医療機関等の指示に従い、許可が出るまで活動停止。チームは濃厚接触者の有無などを総合的に判断し、大会参加の見合わせ等の検討をお願いします。その期間は2週間とします。

(2)試合後、対戦チームにPCR検査陽性者が出た場合
 所轄保健所の指示に従い、濃厚接触者の特定、および感染が疑われる症状を確認し(1)と同様所轄保健所、医療機関等の指示に従い、PCR検査陰性あるいは感染の疑いがないと判断されるまで、一定期間の活動停止、大会参加の見合わせ等の検討をお願いします。

(3)大会期間中、複数のチームに集団感染(クラスター)が発生した場合など、大会の中止も視野にご検討下さい。

3.その他

 大会運営詳細については、8月31日付更新「JAFA大会開催に向けた留意事項」を参照ください。

以上