本年12月イスラエルで開催のフラッグフットボール世界選手権、参加国が発表に


 本年12月6日から8日にイスラエルのエルサレムで開催予定の、IFAF主催フラッグフットボール世界選手権の出場国が発表となった。
 過去最大の22ヶ国、チームは男女合わせて42。(前回 2018パナマ大会 12か国 21チーム)

■参加国一覧:ABC順
オーストリア、ベラルーシ、ブラジル、カナダ、チリ、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イギリス、イスラエル、イタリア、日本、メキシコ、パナマ、スペイン、スウェーデン、スイス、チームニュートラル、タイ、アメリカ 。

訳注:チームニュートラルは、アンチ・ドーピングの条件を満たしたロシア選手団。

ご参考)前回パナマ大会の出場国と順位
男子1位から8位:アメリカ、オーストリア、デンマーク、メキシコ、イスラエル、カナダ、パナマ、日本。9位以下:インド、グアテマラ。
女子1位から8位:アメリカ、パナマ、カナダ、メキシコ、オーストリア、ブラジル、日本、デンマーク。9位以下:イスラエル、チェコ、グアテマラ。

●FFWC2018 Team JAPAN 結果詳細はこちら
●開催地変更がイスラエルに変更した詳細はこちら