安全対策

脳振盪防止の施策について

日本協会(JAFA)では、安全対策の観点から脳振盪については、次の施策で防止に努めています。
日本アメリカンフットボール協会の安全対策・脳振盪について 

頭部外傷10か条の提言

日本臨床スポーツ医学会は2001年3月「頭部外傷10箇条の提言」を上梓しましたが この度この内容を改訂し2015年3月、第2版が刊行されました。

この提言と解説はスポーツに関わるコーチや選手、ご家族が、現場で判断・対応される際の手助けになることを目的に書かれています。是非有効にご活用く ださい。 「頭部外傷10か条の提言」はこちらをご覧ください

アンチ・ドーピング

2017年2月:第20回日本アメリカンフットボール医科学研究会に ついて

日本アメリカンフットボール医科学研究会については、こちらをご覧ください

2016年2月:第19回日本アメリカンフットボール医科学研究会に ついて

日本アメリカンフットボール医科学研究会については、こちらをご覧ください

2015年2月:第18回日本アメリカンフットボール医科学研究会に ついて

日本アメリカンフットボール医科学研究会については、こちらをご覧ください

2014年2月:第17回日本アメリカンフットボール医科学研究会に ついて

日本アメリカンフットボール医科学研究会については、こちらをご覧ください

2013年9月:競技 および練習中における脳震盪の扱いについて

こちらをご覧ください

2013年8月:秋の リーグ戦における熱中症再発防止提言

こちらをご覧ください

2013年8月:[緊 急通達]熱中症予防の徹底について

こちらをご覧ください

2011年7月:夏の安全対策について

夏の安全対策については、こちらをご覧ください ※別窓でPDFファイルが開きます

医科学研究会

プログラム内容を収録した映像を販売中!!
DVD(2枚組) 5000円 送料込
VHS-在庫限り 3000円 送料込